フラット35で数万円節約をする方法

フラット35を利用するとなると、数万円の節約をしたいと思う場合があります。そして、現実にその節約が実現している事例も見られるのです。

例えばある銀行系の会社から、融資を受けたとしましょう。ところがその会社の手数料が少々高すぎると思ったので、別の会社に乗り換えるケースもあるのです。それで手数料が数万円ほど節約できる事もあります。ですので現在の住宅ローンの金利が高すぎると考えた時には、他の会社への乗り換えなどを検討してみるのも一法ですね。

ちなみに乗り換える場合には、もちろん審査などを受ける事になります。様々な事柄を確認した上で、審査で特に問題無いと判断された時には、無事に振込されるという流れになるのです。もちろん問題ありと判断された時には、少々難しくなるでしょう。それは、もちろん銀行側が判断する事です。

なお審査では、乗り換え前の銀行にて滞納などが発生していたか否かが、ポイントになる傾向があります。できるだけ滞納しないのが大事ですね。

 

住宅ローン減税に必要なデータ入力

住宅ローン減税をお考えの方は、責務引受のことをご存知でしょうか?責務引受とは、責務を違う方に引き継ぐ意味なのだそうです。責務引受にも種類がありまして、履行引受けなどがあるとのこと。これから住宅ローン減税を受けようとされている方は、その減税を受けるためのデータの入力を予想していることでしょう。

パソコンが普及した時代の中で、あらゆることがデータ入力で済ませられるのは本当に便利ですよね。認定住宅新築等特別税額控除を受けるための条件が定められています。建築後使用されたことのない認定住宅を取得していることなどが挙げられます。住宅ごとに認定住宅限度額に違いがありますので、住宅ローン減税を視野に入れている方は、認定住宅新築等特別税額控除をご参考にしていただければ幸いです。

タワーマンションに住む予定の方に、そのマンションの建築から入居可能となるまでにおおよそ2年位の期間を有します。あなたが住宅ローン減税を受けようとお思いならば、先のタワーマンションの事情を考慮してください。

 

中間資金などの閲覧ができる

住宅ローンの特徴の1つに、閲覧というシステムがあります。全額返済をする予定者は、自分の情報を色々と見る事ができる訳です。そもそも住宅ローンでは、中間資金などを確認したいと思う場合があります。現在の住宅ローンの返済残り額などの中間状況を、色々と閲覧する事ができる訳です。それを知っているだけでも、返済計画が随分とスムーズになる傾向があります。

スケジュールを立てたいと思う時には、遠慮なく閲覧してみると良いでしょう。どうすれば閲覧をする事ができるかと言うと、契約先金融機関です。たいていの方々はどこかの金融会社からお金を借りている訳ですが、そこに連絡をする事によって、現在の自分のローン状況を確認できるのですね。

計画性を持っている方ほど、こまめに閲覧をしている傾向があります。また契約先金融機関によっては、スムーズな返済の為のアドバイスを行ってくれる事もあるのです。もしも返済が難航している時には、金融機関に相談してみるのも良いでしょう。

 

遺族年金だけじゃない。サラリーマンの妻を守る住宅ローンの団信

住宅を購入するのは大きな買い物でなかなか一歩が踏み出せませんが、将来のことを考えるとお得な制度があるので購入に前向きになってもいいかもしれません。

一家の大黒柱であるご主人にもしものことがあった場合、残された家族には遺族年金が支給されるという国の制度があります。しかしこの遺族年金だけでは足らない、という人もいるかもしれません。サラリーマンのご主人の場合、会社の家賃補助で賃貸に住んでいるご家庭も多いと思いますがそのご主人が亡くなってしまってはその賃貸に住み続けることは難しいので住宅の確保も問題です。

しかし住宅ローンを組んでいる場合は団信という保険に入ることがほとんどで、この保険に入っているとご主人が亡くなった場合残りのローンは返済義務がなくなります。これなら住宅費が浮いて遺族年金だけでもやっていけるかもしれません。

住宅ローンは住宅ローン控除などお得な制度もあります。団信とダブルで安心ですね。しかし虚偽の申請をすると団信も無効になるのでご注意を。

 

事務取扱手数料も無く利用可能なシミュレーション

どこかの会社を利用するとなると、そもそも利用可能かどうかが心配な事があります。金融会社では、必ず審査があります。それで借りる事ができなくては、大変困ってしまうからです。ところで住宅ローンでは、その目安を知る事ができるシステムがあります。シミュレーションというシステムがありますが、それには料金に関するメリットがあるのです。

金融会社のサービスを利用するとなると、事務取扱手数料が生じる事も多々あります。しかしシミュレーションの場合は話は別で、特に料金がかかる事もあります。そのシステムはホームページに掲載されていて、誰もが簡単に利用する事が可能です。ですので目安が気になる時には、それを活用するのも一法と言えます。

なおそのような情報などは、メールなどで分かる事もあります。一部の金融会社では、メルマガなども配信しています。それを購読すると有益な情報を得られる事もあるので、検討をしてみると良いでしょう。